練馬区立石神井公園ふるさと文化館
公益財団法人練馬区文化振興協会
お問い合わせ電話番号 03-3996-4060
HOME > 展覧会・イベントほか
展覧会・イベントほか
特別展「いぬいとみこ-ながいながい おはなしを みんなに」
2016.06.25(土)~ 2016.08.14(日) / 企画展示室
特別展
「いぬいとみこ-ながいながい おはなしを みんなに」


内容:
 いぬいとみこは、『ながいながいペンギンの話』や『北極のムーシカミーシカ』などの代表作で知られる児童文学者です。
 敬愛していた作家・コルネイ=チェコフスキーとの出会いにより、子どものそばにいることを望んだいぬいは、昭和40年(1965)年から練馬区内で家庭文庫「ムーシカ文庫」を始め、以後約23年間にわたり子どもたちとの交流を重ねました。
 本展ではいぬいの生涯をたどりながら、代表作やムーシカ文庫の思い出をご紹介し、子どもを見つめるなかで生まれたいぬい作品の魅力をお伝えします。

会期:平成28年6月25日(土)~8月14日(日)

休館日:月曜日
    ※ただし7月18日(月・祝)は開館、19日
    (火)は休館

会場:練馬区立石神井公園ふるさと文化館
   2階企画展示室

開館時間:9時~18時

観覧料:一般300(200)円、高校生・大学生200(100)円、65~74歳150円、中学生以下と75歳以上無料

*()内は20名以上の団体料金
*身体障害者手帳・愛の手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、付添いの方1名は一般150円/高校生・大学生100円
*同時期開催の練馬区立美術館「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」との相互割引あり。(いぬいとみこ展のチケットを練馬区立美術館でご提示いただくか、練馬区立美術館のチケットを石神井公園ふるさと文化館でご提示いただくと、それぞれの展覧会を各種料金から100円引きでご覧いただけます。)



【関連イベント】
(1~3の会場は石神井公園ふるさと文化館 多目的会議室)

1.講演会「児童文学者・いぬいとみことその時代」

 講師:斎藤惇夫(児童文学者)

 日時:8月13日(土)14時~15時30分

 定員:100名(抽選)

 参加費:無料


2.座談会「ムーシカ文庫といぬいさん」

 ゲスト:木下惇子(元ムーシカ文庫世話人)、関日奈子(ねりま文庫連絡会代表)、
     小松原宏子(ムーシカ文庫卒業生)

 日時:7月9日(土)14時~15時

 定員:100名(抽選)

 参加費:無料


3.ワークショップ(ふれあい土曜事業)
 「かんたん飛び出す絵本をつくろう」

 日時:7月23日(土)①13時~13時45分 ②14時~14時45分

 対象:どなたでも

 定員:各回20名(先着順)

 参加費:70円(材料費)

 申込み:当日会場受付


4.おはなし会「ムーシカ文庫を体験しよう」

 読み手:ムーシカ文庫卒業生ほか

 日時:7月18日(月・祝)、28日(木) いずれも14時~14時30分

 会場:石神井公園ふるさと文化館 2階企画展示室

 対象:どなたでも

 定員:30名(先着順)

 参加費:当日の観覧券が必要

 申込み:不要


5.学芸員による展示解説会

 日時:7月10日(日)、20日(水)、8月14日(日)
    いずれも14時~(45分程度)

 会場:石神井公園ふるさと文化館2階企画展示室

 参加費:当日の観覧券が必要

 申込み:不要

*その他、7月16日(土)のふれあい土曜事業「いろり端で楽しむ紙しばい」内でもいぬい作品が紹介されます。①11時~ ②14時~


【申込方法】
1・2の申込方法…往復はがきにて、必要事項を記入の上、お申し込みください。
※また、2のみお電話(℡03-3996-4060)でのお申込みも承っております。

◇記入必要事項
 ①イベント名 ②氏名(ふりがな、2名まで)
 ③住所 ④電話番号

◇往復はがきの宛先
 〒177-0041 東京都練馬区石神井町5-12-16
 石神井公園ふるさと文化館

◇申し込み締切日
 1:7月21日(木)必着
 2:6月30日(木)必着

※各イベントにつき、往復はがき1枚でお申込み下さい。


Page top
地図
電話
お問い合わせ
twitter
line
練馬区
練馬区立石神井公園ふるさと文化館