練馬区立美術館
公益財団法人練馬区文化振興協会
お問い合わせ電話番号 03-3577-1821
HOME > 展覧会
展覧会
朝井閑右衛門展 空想の饗宴
2016.09.18(日)~ 2016.11.13(日)
朝井閑右衛門(1901~1983)は、1926(大正15)年の第13回二科展に初入選した後、光風会を中心に作品を発表しました。1936(昭和11)年の文部省美術展覧会には、練馬のアトリエ長屋で描いた群像の大作《丘の上》を発表し、文部大臣賞を受賞。一躍画壇の寵児となります。
 敗戦後は、既成の画壇から距離をとりつつ、大河内信敬らと新樹会を結成。電線、薔薇、ガラス台鉢、ドン・キホーテ、道化、不動明王など同じモチーフを何度も繰りかえし描き、写実と空想の合間に豊かな階調を生み出す独自の絵画世界を築きました。
 古い種々の人形や壷など、朝井は作品のモチーフともなる気に入ったものを身近にたくさん置いていました。アトリエの造作にも強いこだわりを見せ、晩年を過ごした鎌倉市由比ガ浜のアトリエでは、毎日のように馴染みの大工や庭師を呼んでは、自分の気に入るように手を入れ続けたといいます。このアトリエについて、親しい友人であった詩人草野心平は「この家も、庭も、一木一草に至るまで、閑右衛門の仕事である。永く残すように」と語りました。
 今回の展覧会では、初期から晩年まで、独自の地歩を築いた朝井の画業を紹介。あわせて、朝井の没後、遺族に守られ、今に残る鎌倉のアトリエを撮影した写真や、そこに蒐められたお気に入りの品々を展示しながら、彼の作品世界の原点をみつめます。

<開催案内>

会 期  2016年9月18日(日曜)~11月13日(日曜)
休館日  月曜日(ただし、9月19日(月曜・祝日)10月10日(月曜・祝日)は開館、
     9月20日(火曜)10月11日(火曜)は休館)
開館時間 午前10時~午後6時 ※入館は午後5時30分まで
観覧料  一般800円、高校・大学生および65~74歳600円、
     中学生以下および75歳以上無料、
     障害者(一般)400円、障害者(高校・大学生)300円、
     団体(一般)600円、団体(高校・大学生)500円
     ぐるっとパスご利用の方300円(年齢等による割引の適用外になります)
     ※一般以外のチケットをお買い求めの際は、証明できるものを
      ご提示ください。(健康保険証・運転免許証・障害者手帳等)
     ※障害をお持ちの方の付き添いでお越しの場合、1名様までは
      障害者料金でご観覧いただけます。
【相互割引】練馬区立石神井公園ふるさと文化館で開催される「夢の黄金郷(エル・ドラド)遊園地展-思い出のメリーゴーランド-」との相互割引あり※くわしくはチラシ・ポスターをご覧ください。

主 催
練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)、読売新聞社、美術館連絡協議会

協 賛
ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網

協 力
横須賀美術館

助 成
芸術文化振興基金

図 録  『朝井閑右衛門展 空想の饗宴』(3,000円・税込)  詳しくはこちら


会期中のイベント
講演会「《丘の上》から中国まで」
日 時 :10月1日(土)午後3時~
講 師 :原田光(元岩手県立美術館館長)

アトリエ探訪
日 時 :10月15日(土)【A】午前10時~【B】午後2時~
講 師 :本展担当学芸員

ワークショップ「丘の上を踊ろう」
日 時 :【A】10月2日(日)午前10時30分~午後12時30分
     【B】10月2日(日)午後2時~午後4時
     【C】10月16日(日)午前10時30分~午後5時
講 師 :新鋪美佳(ほうほう堂)

赤ちゃん鑑賞会
日 時 :10月9日(日)【A】午前10時30分~午後12時【B】午後1時30分~午後3時
講 師 :冨田めぐみ(NPO法人赤ちゃんからのアートフレンドシップ協会)

美術講座 油彩「厚塗り入門」
日 時 :11月5日(土)・6日(日)※2日制
講 師 :三浦高宏(画家)

声優・銀河万丈による読み語り
貫井図書館共同主催
日 時 :11月5日(土)午後3時~4時半
講 師 :銀河万丈(声優)

学芸員によるギャラリートーク
日 時 :10月6日(木)、10月27日(木)いずれも午後3時~
講 師 :本展担当学芸員

記念コンサート
日 時 :10月22日(土)午後3時~
会 場 :当館ロビー
演 者 :
・羽川真介(チェロ/東京藝術大学管弦学部非常勤講師、練馬区演奏家協会会員)
・渚 智佳(ピアノ/練馬区演奏家協会会員)
※終了しました。
Page top
地図
電話
お問い合わせ
練馬区立美術館のツイッター
練馬区立美術館のブログ
練馬区
練馬区立美術館