練馬区立美術館
公益財団法人練馬区文化振興協会
お問い合わせ電話番号 03-3577-1821
HOME > 展覧会
展覧会
野口哲哉展―野口哲哉の武者分類図鑑
2014.02.16(日)~ 2014.04.06(日)
1980年生まれの野口哲哉は、樹脂やプラスチックなど、現代的な素材を駆使して古びた姿の鎧武者を造形し、それらの織りなす嘘とも現実ともつかない魅力的な世界観を構築する美術家です。
南蛮渡来のシャネルのマークを家紋とした甲冑を身にまとった紗錬家(しゃねるけ)の武者像「シャネル侍着甲座像」がある一方で、兜に付いたプロペラ型の立物で空中を浮遊する武者の絵画作品「ホバリングマン 浮遊図」は当時あたかもそんな武者がいたかのように、巧妙に古びた画面を演出しています。野口の作品世界の大半は、侍をモチーフにしながらも、実際には存在しない、彼曰く“でっちあげ”の世界なのですが、サムライ、甲冑への知識に裏付けられた空想世界は実に豊かで、史実とのはざまを行き来するユニークで独創的なものとなっています。加えて、甲冑の表現の正確さや、サムライたちの立ち振る舞いは、格好良さの中にも常に滑稽さや哀しさが漂っており、その姿は日々の暮らしを送る私たち現代人とどこか通じるものがあります。
作家はまだ30代半ばで活動期間は短いとはいえ、コレクターは国内外に及び、展覧会出品作、個展での評価も高く、今まさに注目される作家の一人です。
一貫して鎧武者をモチーフに制作する野口の新作を含めた全作品約90点を中心に、彼の発想の原点となった古今の美術作品や写真、グラフィックデザインなどを併せて展示し、野口の武者世界を紹介する、初の個展となります。


<開催案内>

会 期  2014年2月16日(日曜)~4月6日(日曜)
        ※大雪により18日(火曜)からの開催に変更になりました。

休館日  月曜日

開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

観覧料  一般500円、高大生および65歳から74歳300円、
     中学生以下および75歳以上無料、
     障害者手帳をお持ちの方(一般)250円・(高大生)150円、
     団体(20名以上)一般300円・高大生200円
     ※無料、割引の方は確認できるものをご提示ください。

主 催  練馬区立美術館/朝日新聞社


<会期中のイベント>

ゲスト×アーティストトーク
野口哲哉と3人のゲストによる対談

  ゲスト 山田五郎氏(評論家)
      2014年2月21日(金曜)午後4時から
  ゲスト 山下裕二氏(明治学院大学教授)
      2014年3月8日(土曜)午後3時から
  ゲスト 諏訪敦氏(画家)
      2014年3月22日(土曜)午後3時から
  
記念コンサート
  日時 2014年3月16日(日曜)午後3時から4時
  場所 美術館ロビー
  演奏 前田善彦(チェロ)、塚田誠(ピアノ)

貫井図書館共同主催:銀河万丈氏(声優)による読み語り
  読み語り題目 菊地寛「形」、浅田次郎「柘榴坂の仇討」ほか
  日時 2014年3月1日(土曜)午後3時~4時30分
  場所 美術館視聴覚室
  対象 中学生以上

記念講演会
「合戦場での目立ち方―甲冑と旗と陣羽織について」

  講師 藤本正行(國學院大學兼任講師)
  日時 2014年2月22日(土曜)午後3時から
  対象 中学生以上


野口哲哉略歴
1980年 香川県高松市生まれ
1999年 広島市立大学芸術学部油絵科入学
2000年 この頃から油彩画制作と並行して樹脂粘土を使用した立体作品の制作を開始
2005年 広島市立大学大学院修了
2008年 アートフェア東京2008出品(ギャラリー玉英ブース)、「NETWORK JAPAN PROJECT」INTERALIA、韓国・ソウル、個展「野口哲哉展~武士道とは夢見ることと見つけたり」TCAF2008/ギャラリー玉英ブース
2009年 「医学と芸術:生命(いのち)と愛の未来を探る」森美術館、六本木(11月28日~翌2月28日)
2010年 「BASARA」展 スパイラルガーデン、青山、「甲冑の昔と今」ギャラリー真玄堂
2011年  芝浦工業大学メインビジュアル担当、「ポジティブ・コンタクト 野口哲哉展」松坂屋名古屋店(7月20日~26日)


巡回展
アサヒビール大山崎山荘美術館(京都)
平成26年4月19日(土曜)~7月27日(日曜)
Page top
地図
電話
お問い合わせ
練馬区立美術館のツイッター
練馬区立美術館のブログ
練馬区
練馬区立美術館