練馬区立美術館
公益財団法人練馬区文化振興協会
お問い合わせ電話番号 03-3577-1821
HOME > 展覧会
展覧会
【特集展示】 毛利武彦の軌跡展
2010.06.04(金)~ 2010.07.19(月)
90歳となるのを目前にこの4月半ば、惜しくも他界された日本画家毛利武彦の遺作展です。
毛利武彦は大正9年(1920年)に彫刻家毛利教武の子として東京に生まれ、東京美術学校日本画科に学びました。戦後は山本丘人に師事し、創造美術から新制作協会日本画部をへて創画会会員として活躍、画壇を代表する作家のひとりとして高く評価されました。人間や自然に深く入り込んで存在の神秘を象徴的に捉えようとした作品は、命ある物への深い共感と東洋山水画がもつ孤高の精神への志向が見て取れます。
本展は、毛利の初期から近作までの代表的な作品と写生など約20点によって、その芸術の軌跡をダイジェストでたどるものです。


<開催案内>

会 期  2010年6月4日(金曜)~7月19日(月曜・祝日)

休館日  月曜日(ただし、7月19日は開館)

開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)


<関連イベント>

ギャラリートーク(学芸員による作品解説)
  日時 6月19日(土曜) 午後2時から1時間程度
  ゲスト 内田あぐり(武蔵野美術大学教授)
  日時 7月17日(土曜) 午後2時から1時間程度
  ゲスト 山本直彰(日本画家)
Page top
地図
電話
お問い合わせ
練馬区立美術館のツイッター
練馬区立美術館のブログ
練馬区
練馬区立美術館