練馬区立美術館
公益財団法人練馬区文化振興協会
お問い合わせ電話番号 03-3577-1821
HOME > 展覧会
展覧会
生誕120年 中村忠二展 オオイナルシュウネン
2018.06.22(金)~ 2018.07.29(日)
《青い星の下で》 1959年、モノタイプ・紙、筑波大学・石井コレクション
《野の女》 1959年、モノタイプ・紙、筑波大学・石井コレクション

中村忠二(1898~1975)は、現在の兵庫県姫路市に生まれ、20歳で上京。各地を転々としながら制作を続け、晩年の20年間を練馬区貫井で過ごした作家です。
1919年日本美術学校に入学しますが翌年退学、水彩連盟展や光風会、国画会に出品しながら洋画団体「歩人社」や「トアル社」などを結成し、精力的に活動を続けました。交流のあった画家・水波博の影響を受けモノタイプ(ガラスや金属に描画して紙に転写する版画技法)の研究を始め、忠二でなければできないといわれるほどの大作も生み出しました。また詩画の制作にも精力的に取り組み、『蟲たちと共に』『秋冬集』など、生前5冊の詩画集を自費出版しています。
自身の絵を前に涙を流す忠二に、妻であり画家であった伴敏子がどうしたのかと尋ねたところ「見ろよ、いい絵だなあ、こんないい絵が描けた時に、泣けないやつがあるかしら」と答えたといいます。切り詰めた生活の中、自身の全てをかけ、しがみつくように日々作品に取り組んだ忠二。一見強く激しい筆致を見せながらも、その繊細で叙情豊かな作品世界は、今もなお多くの人をひきつけています。
2018年は生誕120年に当たり、ゆかりの地では初めての展覧会となります。初期の油彩画から、水彩画、版画、詩画まで、約80点をご紹介します。

<開催案内>
生誕120年 中村忠二展 オオイナルシュウネン

会 期  2018年6月22日(金)~7月29日(日)
休館日  月曜日 *ただし、7月16日(月・祝)は開館、17日(火)は休館。
開館時間 午前10時~午後6時 *入館は午後5時30分まで
会 場  2階展示室
観覧料  一般300円、高・大学生および65~74歳200円、
     中学生以下および75歳以上無料、
     障害者(一般)150円、障害者(高校、大学生)100円
     団体(一般)200円、団体(高校、大学生)100円
     ぐるっとパスご利用の方無料(年齢などによる割引の適用外になります)
     ※一般以外のチケットをお買い求めの際は、証明できるものをご提示ください。
     (健康保険証・運転免許証・障害者手帳など)
     ※障害をお持ちの方の付き添いでお越しの場合、1名様までは障害者料金でご
      観覧いただけます。

主 催  練馬区立美術館(公益財団法人 練馬区文化振興協会)

<会期中のイベント>
ギャラリートーク、ワークショップなどを開催、詳しくは こちら 

《春夏集 第二巻》より  1966年、モノタイプ・紙、個人蔵
《扉》 1968年、墨・紙、筑波大学・石井コレクション
《からす西へ行く》 1968年、モノタイプ・紙、練馬区立美術館蔵
Page top
地図
電話
お問い合わせ
練馬区立美術館のツイッター
練馬区立美術館のブログ
練馬区
練馬区立美術館