練馬区立美術館
公益財団法人練馬区文化振興協会
お問い合わせ電話番号 03-3577-1821
HOME > イベント・教育普及 > 館内事業・イベント
館内事業・イベント
美術講座「こま撮り人形アニメーションの作り方」お話しとデモンストレーション
2019.03.31(日)
練馬区にゆかりのある、こま撮り専用スタジオ「ドワーフ」。NHKのキャラクター「どーもくん」や、こま撮りの好きなねこのおはなし「こまねこ」などを生み出したスタッフのお二人から、こま撮りアニメの作り方についてお話を伺い、実際に人形を動かす様子を見せていただきます。
また、本美術講座の関連展示として、12月14日~3月31日まで当館ロビーにて、「こまねこ」に登場するキャラクターの展示を行っています。

日時   3月31日(日)14:00~15:30 ※受付は15分前から
会場   練馬区立美術館 1階 視聴覚室
参加費  無料
講師   合田 経郎(演出/キャラクターデザイン)
     峰岸 裕和(ストップモーション・アニメーション)
対象   中学生(2019年4月から)以上
定員   50名(要事前申込 抽選)
申込締切 3月15日(金)必着  申込締切ました 沢山のご応募ありがとうございました
申込方法 ①講座名②住所③氏名(ふりがな)④年齢(学年) ⑤電話番号を記入の上、往復はがき(〒176-0021 練馬区貫井1-36-16)又はEメール(event-museum@neribun.or.jp)にて練馬区立美術館へ。タイトルは「(イベント名)申込」とする。
※1通につき2名まで(連名で記入)申込可。2名の氏名(ふりがな)、年齢(学年)を記載すること。

★託児サービスについて(メールのみのお申込となります)
 講座中、6か月から6歳(未就学)までのお子さんを対象とした一時保育を行います。
(事前申込・抽選)子育て中の皆様にも、美術講座「こま撮り人形アニメーションの作り方」を楽しんでいただきたく、講座中一時保育を行います。美術館創作室にて、専門スタッフが大切なお子さま(6か月~小学校就学前)をお預かりします。

●利用日時:3月31日(日)13:45~15:45 ※講座は14:00~15:30
●場所:練馬区立美術館創作室(2階)※講座は1階の視聴覚室で行います。
●対象:6か月~小学校就学前
●定員:8名(事前申込・抽選)
※持ち物等は、3月16日以降にお送りする当選メールにてご案内いたします。

●申込方法
①講座名
②住所
③講座参加者の氏名(ふりがな)・年齢 ※お子さんとの関係も記入(例:父、母、祖父など)
④託児希望のお子さんの氏名(ふりがな)・年齢
⑤電話番号
※①~⑤を記入の上、Eメール(event-museum@neribun.or.jp)にて練馬区立美術館へ。
Eメールのタイトルは「3月31日美術講座・託児サービス申込」とする。参加者及び
一時保育利用者それぞれ2名まで申込可。3月15日(金)締切(必着)
  
 


 
合田 経郎  演出/キャラクターデザイン
 CMディレクターとして演出家のキャリアをスタート。1998年、NHK-BSキャラクター「どーもくん」のデビューを機に徐々に活動の場をアニメーションへと広げ、2003年にこま撮りを中心としたアニメーションスタジオ「ドワーフ」を立ち上げる。「どーもくん」や「こまねこ」など、こま撮り作品を制作する傍ら、イラストレーション、絵本の執筆など創作活動は多岐に渡る。2011年、サンディエゴで開催されたコミコンで、マンガ・アニメなどのアメリカンポップカルチャーにおいて際立った業績を残した人物に贈られる「ink-pot賞」。最新作は「モリモリ島のモーグとペロル」等。


峰岸 裕和  ストップモーション・アニメーター
 1955年、栃木県生まれ。東京デザイナー学院アニメーション科を卒業後、岡本忠成氏が主宰するエコー社に入社。岡本忠成作品にアニメーターとして携わりながら、日本を代表とする人形アニメーション作家である川本喜八郎氏に師事。1998年からNHKキャラクター「どーもくん」シリーズのアニメーションを担当。「こまねこ」シリーズ、「まんまくん」シリーズなど、合田経郎とコンビを組んだ作品多数。40年以上にわたり第一線で活躍する世界的にも評価されるトップアニメーター。
 
 
Page top
地図
電話
お問い合わせ
練馬区立美術館のツイッター
練馬区文化振興協会公式チャンネル
練馬区
練馬区立美術館