練馬区立美術館
公益財団法人練馬区文化振興協会
お問い合わせ電話番号 03-3577-1821
HOME > イベント・教育普及 > 館内事業・イベント
館内事業・イベント
戦後美術の現在形 池田龍雄展 記念コンサート
2018.05.27(日)
「戦後美術の現在形 池田龍雄展 記念コンサート」チラシ表
「戦後美術の現在形 池田龍雄展 記念コンサート」チラシ裏
1950年代から第一線で活躍し続ける池田龍雄の作品に息づく、戦後美術の現在形に迫る展覧会「戦後美術の現在形 池田龍雄展」の開催を記念し、コンサートを開催します。
当館ロビーにあるスクエアピアノは、1877年製造のスタインウェイ社のピアノです。
今回のコンサートは、展覧会に関連した楽曲などを中心としたプログラムでお届けいたします。
ヴァイオリン、そして当館寄託のスクエアピアノが奏でる音楽を、展覧会とともにどうぞお楽しみください。

日 時 5月27日(日)午後3時~午後4時
会 場 当館2階ロビー
出 演
 近藤伸子(ピアノ/国立音楽大学教授、練馬区演奏家協会会員)
 佐藤まどか(ヴァイオリン/上野学園大学准教授、日本シベリウス協会理事)

曲 目
 武満徹:妖精の距離
 ドビュッシー:ヴァイオリンソナタ
 ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女  ほか

協 力 練馬区演奏家協会

事前の申込みは不要です。
当日直接会場へお越しください。
なお、当日の観覧券が必要となります。

専用座席(50席)について
着席希望の方は整理券をお渡ししますので、
受付にて観覧券をお求めの際にお申し付けください。
当日10時より、先着順にて配布します。
なお、ロビー設置ソファ、立ち見でもご鑑賞いただけます。

 
近藤伸子 (ピアノ)
国立音楽大学附属中学・高校を経て,1980年東京藝術大学器楽科入学. 同大学院博士課程修了.シュトックハウゼンのピアノ曲に関する論文と演奏で博士号取得. 1984年文化放送音楽賞受賞.1986~88年DAAD奨学生としてベルリン芸術大学へ留学,最優秀の成績で卒業. 1988年A・シュナーベルコンクール最高位,受賞コンサートの演奏は「ターゲス・シュピーゲル」紙で絶賛される. 同年ブゾーニ国際コンクール入賞,1990年 W・カペル国際コンクールでナンシー・ミラー賞を受賞.ベルリン交響楽団,東京交響楽団他多数のオーケストラと共演. 現代曲にも意欲的に取り組み,「サントリー・サマーフェスティバル」「東京の夏音楽祭」他に出演. 1993年にはリサイタルシリーズ《20世紀のピアノ曲》を開始.シュトックハウゼンの大作《コンタクテ》《ピアノ曲X》《ルシファーの夢》をはじめ,クセナキス,ケージ,武満らの作品を取り上げる.近年はJ.S.バッハの作品にも集中的に取り組み,2015年にリリースした「音楽の捧げもの」はレコード芸術誌特選盤に選ばれた.第69回文化庁芸術祭優秀賞受賞.2017年4月より1年間,国立音楽大学長期国外研究員としてベルリンにて研讃を積む.現在, 国立音楽大学教授.https://kondonobuko.net/

佐藤まどか (ヴァイオリン)
東京藝術大学附属音楽高校,同大学,同大学院博士後期課程修了.この間イギリス,オーストリア,フィンランドにて研鑽を積み,2005年シベリウスの研究で博士号(音楽)を取得.シベリウス国際ヴァイオリンコンクール第3位をはじめとして,プラハの春国際音楽コンクールヴァイオリン部門特別賞受賞,ヴァクラフ・フムル国際ヴァイオリンコンクール第2位(最高位)入賞,ロドルフォ・リピッツァー国際ヴァイオリンコンクール第4位 (1位なし)入賞.北海道文化奨励賞受賞.ウィーン・コンチェルトハウス, フィンランド・オウルンサロ音楽祭やシベリウス・イ・コルポ音楽祭への出演など欧米でも活躍.ALMレコードからシベリウスのヴァイオリン作品集vol.1『子守唄』,vol.2『ノヴェレッテ』が,スウェーデンのBISのシベリウス全集第6巻に世界初録音がワールドリリースされ,ともに高い評価を受ける.現在,ソリストとしての活動を中心として,国内外において室内楽や現代音楽など多彩な演奏活動を行っている.澤和樹,沼田園子,B.カトーナ,浦川宜也,G.ボッセ,宗倫匡の各氏に師事.上野学園大学准教授.contemporary αメンバー.日本シベリウス協会理事.http://www.madokasato.com/
 
Page top
地図
電話
お問い合わせ
練馬区立美術館のツイッター
練馬区立美術館のブログ
練馬区
練馬区立美術館