練馬区立美術館
公益財団法人練馬区文化振興協会
お問い合わせ電話番号 03-3577-1821
HOME > イベント・教育普及 > 館内事業・イベント
館内事業・イベント
サヴィニャック展 特別コンサート
2018.03.03(土)
フランス・フォルネー図書館のコレクションを中心に、フランスを代表するポスター作家であるレイモン・サヴィニャック(1907-2002)の200 点近い作品群を紹介する展覧会「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」の開催を記念し、コンサートを開催します。コンサートでは、展覧会に関連した楽曲などを中心としたプログラムをお届けいたします。当館ロビーにあるスクエアピアノは、1877 年製造のスタインウェイ社のピアノです。オーボエ、ファゴットそしてスクエアピアノが奏でる音楽を展覧会とともにどうぞお楽しみください。
なお、本コンサートは、閉館後のロビーを会場として実施いたします。
展示室への入場は、午後6時までとなります。

「サヴィニャック展 特別コンサート」のチラシは こちら

サヴィニャック展 特別コンサート
日時  3月3日(土) 18:20 開演 (19:30終演予定)
会場  練馬区立美術館ロビー
出演者 江原泰子(オーボエ)
    江黒未希(ファゴット)
    平野裕樹子(ピアノ)
対象  中学生以上
定員  50名(抽選)
参加費 1,500円
    ※「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」観覧券付き
   (コンサート当日受付後から会期終了まで1回に限り有効)
曲目  サティ/ジュ・トゥ・ヴ(お前が欲しい)
    プーランク/オーボエ、ファゴット、ピアノのためのトリオ より
    フランセ/オーボエ、ファゴット、ピアノのためのトリオ より  ほか
    *曲目は変更となる場合がございます。
協力  練馬区演奏家協会

※コンサートの詳細については、当選通知にてお知らせします。

申込締切 2月16日(金)必着【申込は締め切りました】
 
江原 泰子 オーボエ
えはら やすこ|オーボエを渡辺克也、似鳥健彦両氏の下で始める。東京藝術大学3年次終了後、渡独。小島葉子、小畑義昭両氏に師事。ハイデルベルク・マンハイム音楽大学大学院卒業。w. リーバーマン氏にオーボエを、A. リンダースパヒャー氏に室内楽を師事。
スウェーデン、マルム交響楽団などで演奏活動し、1995 年帰国。2010 年、R. シュトラウス、2013 年、W.A. モーツァルトのオーボエ協奏曲をOB 交響楽団と共演。キ・モワオーボエアンサンブル、メンバー。北鎌倉女子学園非常勤講師。

江黒 未希 ファゴット 
えぐろ みき|東京音楽大学音楽学部卒業。給費入学奨学金授与。市川文化会館新人オーディション合格。アジアユースオーケストラに合格、ボストン交響楽団マシュウ・ルッジェーロ氏の指導を受け、同団員として日本をはじめアジア各国で演奏する。東京国際芸術協会オーディション合格。これまでに国内外で数多くソロコンサート、リサイタル、コンチェルトの演奏を行う。ファゴットを山上貴司、霧生吉秀、菅原眸、前田信吉の各氏に師事。現在、木管五重奏団アンサンブル・アクア、CIEL 東京室内楽団をはじめ室内楽、オーケストラ、オペラ、吹奏楽、トレーナー、ザーラ音楽教室講師、ソロコンサート等、幅広く演奏活動を行う。日本ファゴット(バスーン)協会事務局。

平野 裕樹子 ピアノ 
ひらの ゆきこ|日本大学芸術学部を総長賞を得て首席で卒業。読売新人演奏会出演。市川市文化会館、ソレイユ各新人オーディションにおいて優秀賞受賞。ピアノを神野明、室内楽を鳩山寛各氏に師事。チェコ、フランス、イタリア各地の国際音楽祭に招かれコンサートを開催。ロシア大使館で開催された「日ロ友好の夕べ」に招かれソロ演奏を披露。これまでに8 回のソロリサイタルを東京で開催した他、アンサンブルピアニストとして様々な公演に出演。現在、プルメリアミュージックスクール講師。日仏現代音楽協会、練馬区演奏家協会各会員。千葉市文化振興財団アーティストバンク所属ピアニスト。室内楽と邦人作品の普及を目指す「フォッシオー」を主宰し、海外アーティストを招聘してのコンサート、学校公演などを開催している。
サヴィニャック展 特別コンサート
Page top
地図
電話
お問い合わせ
練馬区立美術館のツイッター
練馬区立美術館のブログ
練馬区
練馬区立美術館